診療案内

診療科目

皮膚科・アレルギー科・小児皮膚科
​※当院では保険診療を中心とした皮膚科全般の診療を行っております。

年齢・男女を問わず、皮膚や毛髪に関するあらゆる症状やトラブルについて、丁寧な診察と、わかりやすい説明を心がけております。また、患者さまとご一緒に治療法を選択させていただきます。どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。

アトピー性皮膚炎 、湿疹、乾燥肌、にきび、じんましん 、かぶれ 、虫さされ 、とびひ 、やけど、切り傷、擦り傷、水虫、ヘルペス、帯状疱疹、口内炎、花粉症、いぼ、魚の目、たこ、巻き爪、ふけ症、円形脱毛症、しみ、肝斑、ほくろ、できもの、腋窩・手足の多汗症、白斑、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、薬疹など

(巻き爪のワイヤー治療、男性型脱毛症の治療は自費診療となります。)

 

*お子様に多い皮膚疾患

乳児湿疹、とびひ、いぼ、水いぼ、おむつかぶれ、あせも、乾燥性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、手足の多汗症、しもやけ、カンジダ症、水ぼうそう、りんご病など

当院では、ほとんど痛みがない、モノクロロ酢酸を用いたいぼ治療を行っております。

水いぼ摘除の場合は、痛みを軽減するために麻酔のテープを貼付した後に処置をさせていただきます。

 

検査

【アレルギー検査】

血液検査や皮膚検査(パッチテストなど)を行い、アレルギーの有無を調べます。

【顕微鏡検査】

患部より検体をピンセットなどで採取し、顕微鏡で真菌(カビ)、あたまジラミの虫卵や疥癬虫がいるかどうかを調べます。

【ダーモスコピーによる皮膚の検査】

特殊な拡大鏡を用いて患部を観察します。悪性が疑わしい場合は、皮膚生検による病理検査(細胞レベルの検査)を行うか、ご希望の大学病院や基幹病院にご紹介させていただきます。

【皮膚生検】

難治性の皮膚病や、目に見える症状だけでは診断が難しい皮膚病変に対し、局所麻酔薬を注射して、病変の一部を採取し、病理検査を行います。

エキシマ光線療法

アトピー性皮膚炎、白斑、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症などの症状の軽減に効果が認められています。症状がある部分にのみ紫外線を照射することができます。当院では、色素沈着等の副作用の少ない機種(セラビーム)を使用しています。

 

腋窩多汗症(ワキ汗)、手足多汗症の塩化アルミニウム水溶液外用療法

保険診療ですが、外用剤は自費となります。*30ml、500円(税抜き価格)